About

 
     

rhythmdesign Ltd.[English translation below.]

 リズムデザインは、都市や建築に関わる計画、設計、デザイン、リサーチを行う、井手健一郎(1978年福岡生まれ)を中心とした建築設計事務所です。2004年に設立し(2016年に改組し法人化)、設立当初から現在まで福岡を拠点に活動しています。

 地元九州の設計チームとして、福岡市の『大濠テラス 八女茶と日本庭園と。』(2020)や熊本県山鹿市の菊鹿ワイナリー『アイラ・リッジ』(2018)、福岡市の水上公園『シップスガーデン』(2016)など、公民連携のプロジェクトに積極的に取り組んできました。また、熊本県益城町の再春館製薬所体育館『サクラリーナ』(2017)やMUJIキャナルシティ博多『Open MUJI』(2015)、福岡パルコ『ワンス・ア・マンス』(2010)など、地域の様々なプロジェクトに携わっています。

 私たちは、徹底して『その場所だからこそ実現できる場づくり』を目指し、ヒアリングやリサーチ、ワークショップなどによって、潜在化している課題や魅力を発見することからデザインを始めます。また、私たちは常に『対話』を大切にし、クライアントやプロジェクトに関わる全ての人たちと情報を共有し、構築的な議論を試みます。

 なぜならば、読み解くべき歴史的背景や文脈、人々の夢や想いは、私たちの中にではなく、外側(既にそこにある環境やクライアント自身の中)にあるからです。異なる言語を他の言語に置き換える『翻訳』のように、集まった情報を読み解き、情報に構造を見出し、『デザイン』という具体的な色や形に落とし込んでいく。その『プロセス』こそ、リズムデザインのアイデンティティです。

 ひたすらに『翻訳的につくること』、そして、『一緒に考え、一緒につくる』作業を積み上げることで情報に構造を見出し、いままで世界に存在していなかった『新しい居場所』をつくっていく。そうすることで、街の魅力を増やしていくことが私たちの使命です。
 
 
Member
 
[代表取締役|一級建築士]
 井手 健一郎
[設計技師]
 村山 叡
 戸上 夏希
 山下 譲
 清水 史子 
 林 克彦
[非常勤スタッフ]
 三島 麻貴
 Valentina Vasile
[パートナー]
 宗像 友昭
[プレス]
 原口 路
[経理|マネジメント]
 井手 望
   
 
Architect
 
井手 健一郎(いで・けんいちろう)
代表取締役|一級建築士
1978年 福岡生まれ
2000年 福岡大学工学部建築学科卒業後、渡欧
2004年 リズムデザイン設立
 
 私は『父は大工、母は実家が建築金物屋』という両親の下、『つくること』と『考えること』が未分化のままにある環境の中で育ちました。家が完成するまでの事柄(設計から材料加工、施工まで)をひとりでこなす父と施主との関係は、『委託者と受託者』という関係性を超えた信頼関係で結ばれているように感じ、そのような『つくる』という体験を通して生まれる関係性に憧れながら育ってきました。

 独立して間もない2004年にスタートさせた活動『DESIGNING?|デザイニング展』は、ジャンル、世代、ジェンダー、プロ、アマチュア問わず、あらゆる境界を超えてデザインについて議論したい、というアイデアから生まれたものです。エキジビションとして10年間継続することになるこの活動を通して、『プロセスや体験を共有し、共に学ぶ』ことがよりよいデザインや状況をつくっていくということを、実感として確信することになります。

 生まれ育った環境やデザイニングの活動を通して醸成された建築哲学が、『翻訳的につくる』、『一緒に考え、一緒につくる』という建築プロセスの基盤になっています。設計やデザインの側からアイデアを押し付けるではなく、その地域で人々が培ってきた文化や歴史、あらゆる情報を読み解いて、いまの住まい方やライフスタイルに馴染むようにローカライズすることが、建築家(計画者)の役割だと信じ、それを実現する建築や仕組みづくりを考察しています。
 
[教育|非常勤講師]
 2011-2013年 九州工業大学工学部建設社会工学科
 2013年- 福岡大学工学部建築学科
 2016-2021年 九州産業大学工学部建築学科
 
[書籍・著書]
 DESIGN REVIEW FUKUOKA 2010[建築資料研究社]
 ARCHITECT2.0–2011 年以後の建築家像[彰国社]
 ゼロ年代11人のデザイン作法(さくほう)[共著|六耀社]
 雑口罵乱 7|建築サバイバル術[サンライズ出版]

[インタビュー]
FUKUDAism(2020.09.08)
Re・rise News(2019.09.12)
AGC/新しい建築の新しいおおらかさを求めて(2019.08.02.)
greenz.jp/マイプロSHOWCASE福岡編(2014.12.09)
asianbeat/FUKUOKA CREATORS(2014.10.14)
AdverTimes/いま、地域発のクリエイションが面白い!第2弾(2014.08.19)
architecturephoto/BEYOND ARCHITECTURE(2010.04.12)
 
———————————————————
株式会社リズムデザイン[一級建築士事務所]
福岡事務所[福岡県知事登録第 1-61268号]
〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂2丁目1-18 荒木ビル3F
TEL:092-741-8750 FAX:092-741-8760
Email:mail@rhythmdesign.org http://www.rhythmdesign.org
 
[主な業務内容]
 1_建築・インテリアに関わる企画・設計・監理
 2_リノベーションに関わる企画・設計・監理
 3_大規模修繕計画の立案・コンサルタント・設計
 4_都市・地域計画に関わるリサーチ・企画・設計
 5_企業・地域のコンサルタント・ブランディング
 6_家具・プロダクトに関わる企画・設計・監理
———————————————————

 An architectural design office “rhythmdesign” is an office where Kenichiro Ide takes the lead in planning, layout, design, and research related to cities and architecture. Since its inception in 2004, it has been operating from the city of Fukuoka, located in southwestern Japan.

 As a local design team, it is involved in a variety of projects from private work to public or Japanese-based national brands.

 We consistently aim at “placemaking that can be realized only by that place”, and begin designing with the discovery of potential problems and charm by doing interviews, research, or workshops. Also, we always value communication and share information with clients and all those involved in the project, trying to have a constructive discussion.

 That is because the historical background and context we should interpret or people’s dreams and thoughts are not within us, but in the surrounding environments and the clients themselves. We interpret the collected information, find out structures in the information, and then put them into the concrete colors and forms called “design”, just like “translation”-the very processes are exactly what we regard as our identity.

 Earnestly accumulating the work of “architectonically translating” and “working together and thinking together” enables us to find out the structure in the information, and creates “a new living place”. Thus, the charm of the city will be enhanced. That is our mission.

Main business contents

1_Planning, design and supervision related to architecture and interior
2_Planning, design and supervision for renovation
3_Drafting, consultant and design of large-scale repair plan
4_Research, planning and design for urban and regional plan
5_Corporate and regional consultant and branding
6_Planning, design and supervision of furniture and products

Architect

Kenichiro Ide
Representative Director|First-class architect
Born in Fukuoka in 1978
After graduating from the Department of Architecture, Faculty of Engineering, Fukuoka University, moved to Europe in 2000
Established “rythmdesign” after returning to Japan in 2004

 I was born to a father, who was a carpenter, and a mother whose parents ran an architectural hardware shop. I grew up under the environment where “making” and “thinking” were not differentiated. My father was engaged in from the design of the house to the material processing and the construction all by himself. I felt that my father and his clients had a trusting relationship exceeding that of “the consignor and the trustee”, growing up while yearning for such relation brought about through “creating” experiences.

The design event that started in 2004, just after I became independent, was born from the idea that we want to discuss design beyond all boundaries, genres, generations, gender, professionals, or amateurs. Through these activities that lasted for 10 years, I was convinced and realized that “studying together through sharing processes and experiences” would enable us to create a better design and situations.

 The construction philosophy, which has been fostered through the environment where I was born and grew up, or though some design events, forms the foundation of the construction processes: “architectonically translating” and “thinking together and making together”. I will not force an idea from the perspective of planning or designs, but I will interpret the culture, the history, and all the information people have fostered in their region, and then localize, or adapt them to their current ways of life or lifestyles so as to fit in. That is the role of the architect, I believe, and I am considering the construction and building systems for our aim to come true.

[Education|Part-time Lecturer]
 Department of Civil Engineering and Architecture, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology (2011-13)
 Department of Architecture, Faculty of Engineering, Fukuoka University (current position since 2013)
 Department of Architecture, Faculty of Engineering, Kyushu Sangyo University (2016-21)

[Books・Authored works]
 DESIGN REVIEW FUKUOKA 2010[Kenchikushiryokenkyusha]
 ARCHITECT IMAGES 2.0- since 2011[Shokokusha]
 Design Styles of 11 Artists in the noughties[Co-authored|Rokuyosha]
 ZAKKUBARAN 7|Architectural Ways of Survival[Sunrise Publishing]

contact