Works

  1. Top
  2. Works
  3. 5×2020展
  • Previous
  • Next

5×2020 EXHIBITION

5×2020展

福岡を拠点とする30代の建築家5人による展覧会「5×2020」と題された展覧会に出展したものです。これまでの仕事を編集して展示し、「2020年」へのマニフェストとするこが求められました。

「2020年」という遠いようで近い未来。これからの10年を考えることは、遠い未来を射程に「今」を見つめ直すことだと捉えました。この展覧会では、3つのプロジェクトのプロセス模型を思考の履歴として展示するとともに、私たちがこれまでに設計を担当させて頂いた物件やプロジェクトのクライアント6組に、改めて「つくる前に何を考えていたのか?」と問いかけ、インタビュー形式で答えて頂きました。まちや建築ができあがっていく、その背景にはどのような出来事が存在しているのか。デザインや建築の裏側を伝えることを目的として、インタビューを行いました。
まちや建築が出来上がっていく、その過程に触れたことのない人は、何の意図もなく、自動的にまちが出来上がっているように感じることがあるかもしれません。しかし、主体的にまちにコミットしようとしている人たちや、生活を楽しもうとしている人たちがいるからこそ、まちや建築が生まれます。インタビューを通して改めて感じたことは、まちや近隣との密接な関わり合いのなかで人が育ち、そのような関係性の中で育った人たちが、新たなまちや人との関係性をつくるきっかけになっているということです。この映像を通して建築やデザインの背景に触れることが、ものの「見方/みかた」を変え、まちに主体性を取り戻すキッカケなるのではないかと考えています。
>>>
ここに集まった5人の30代建築家は、これまで福岡県を拠点に一軒一軒、丁寧に設計という仕事を積み重ねてきました。どんな小さな建物でも、それは未来への投げかけです。建築がこうなったらいい。社会がこうなったらもっといい。そんな希望が、優しく込められています。この展覧会では、その希望をはっきりと見せます。思い切って、2020年というテーマを設定しました。10年後に向けて、これまでやってきたことを編集し、建物とまちに対する思いを示します。遠い未来を夢想するのではない、今ここからのマニフェスト(宣言文)。5つの希望を、会場でご覧ください。(※ >>>以下は、展覧会開催にあたって、倉方 俊輔 氏[建築史家]より寄せられたテキスト)

インタビュー映像→rhythmdesign on vimeo
1. 今宿の教会 / 宮内 誠二 牧師
2. 二日市の住宅 / 施主
3. KYOYA薬院ビル / 堀 伸惠 社長
4. IMS / 古場 治 氏、武井 哲也 氏
5. 行ノ町テラス / 溝口 まり 氏
6. 若鶴マンション・あさだ荘 / 浅田 英文 氏

物件詳細

  • タイトル / 5×2020展
  • 計画地 /

    福岡市

  • 用途 / 展覧会
  • 状態 / 終了
  • 発注者 /

    ギャラリー・ワタシ

  • 設計 /

    リズムデザイン

  • 担当者 /

    井手

  • 映像撮影 /

    泉山 朗土[recomemo workshop & studio.]

  • Project Details /

       
    Title: 5×2020 EXHIBITION
    Location: FUKUOKA pref., JAPAN
    Type of Project: EXHIBITION
    Status: completed
    Client: GALLERY WATASI
                                            
    CREDIT /
    Architects: rhythmdesign
    Project Architect: Kenichiro Ide
    Movie Cameraman: Road Izumiyama

Uses: