Works

  1. Top
  2. Works
  3. ワールド・セラミクス
  • Previous
  • Next

WORLD CERAMICS

ワールド・セラミクス

デザイニング展2011/イムズ会場の会場デザインです。建築現場などで施工を始める際に基準線を出すために用いる「水糸」を長さ4,000メートル編み込むことでできあがっています。

デザイニング展2011/イムズ会場の会場デザインです。建築現場などで施工を始める際に基準線を出すために用いる「水糸」を長さ4,000メートル編み込むことでできあがっています。

Study

1/100の模型。
模型のクローズアップ。水糸の色の組合せや間隔、編み方をスタディ。透明シートにインクジェットプリンターで図面を出力し模型を製作。
模型を上部から撮影。
事務所に原寸模型を製作し、使用する水糸の径とピッチ、端部固定の強度、ジョイント部材の質感など確認。
ジョイントには、アクリル製ワッシャーを使用。いろいろ試した結果、今回のスケール感だと日本ケミカルスクリューのPC/W-M6(透明で外径13mm、開口6.5mm、厚さ1.2mm)のものが良さそう。水糸は、線径1.2mmのものに決定。
会場となる商業施設イムズのアトリウムに水糸のストラクチャーを吊るための詳細設計。吊り下げることのできる荷重に全体重量を抑えつつ、使用する水糸(引張強さ平均7.4kg/本)とアクリル製ワッシャー(耐荷重108kg/個)部分がその部位ごと荷重に耐えれるか確認。防災用のセンサーに干渉しない最大の大きさを計画。
施工に向けて使用する材料の数量を積算。自分たちで企画運営するデザインイベントの会場構成のため、材料発注なども自分たちで行う。なかなか気の遠くなる作業。

Process

物件詳細

  • タイトル / ワールド・セラミクス
  • 計画地 /

    福岡市中央区天神

  • 用途 / 展示会場
  • 状態 / 終了
  • 計画種別 / エキシビジョン
  • 法定延床面積 / 約280.00m2
  • 計画着手 / 2011年3月
  • 工事竣工 / 2011年4月
  • 発注者 /

    デザイニング展事務局

  • 設計 /

    リズムデザイン

  • 担当者 /

    井手健一郎+木内雄太

  • 施工会社 /

    ヒリュー装美 福岡支店

  • 写真撮影 /

    大塚 紘雅[overhaul]、リズムデザイン

  • Project Details /

                  
    Title: WORLD CERAMICS
    Location: Tenjin, Chuo Ward, Fukuoka, Fukuoka pref., JAPAN
    Type of Project: Exhibition
    Status: completed
    Structure: -
Site area: -m2
    Building area: – m2
    Gross internal floor area: 280.00 m2
    Commissioned: March 2011
    Completed: April 2011
    Client: DESIGNING Secretariat
    Budget: Confidential

  • CREDIT /

                   
    Architects: rhythmdesign
    Project Architect: Kenichiro Ide
    Design Team: Kenichiro Ide, Yuta Kinai
    Photographer: Hiromasa Otsuka, rhythmdesign
    Main contractor: Hiryu Sobi corporation Fukuoka

Uses: