Works

  1. Top
  2. Works
  3. 今宿の礼拝堂
  • Previous
  • Next

Church in Imajuku

今宿の礼拝堂

区画整理後の新しいまちに再建した木造3階建ての礼拝堂。クライアントや信者とともに積み重ねてきた議論の末に導き出された「新しいまち並みに対して公民館のように開かれた状態とすること、木の特性を生かした礼拝堂とすること」というコンセプトに基づき、設計した。外にも中にも十字架以外の装飾的要素は何ないが、彼らのまちに対する姿勢や建物への配慮が、そのまま意匠となって存在するような建築を目指した。

Text

 クライアントである教会の牧師家族は10数年前から、田畑以外何もなかったこの場所に木造の教会を建設し、この土地に移り住んでいた。数年後、福岡市による区画整理事業が始まり工事が進む中で、想定よりも地盤が軟弱であることが判明したため工事方針が大幅に変更し、立ち退きを余儀なくされた。そのような経緯を経て、一度教会は取り壊され、区画整理が行われ新しくでき上がるまちに再度建築されることとなった。

 2週間に1度行われる信者たちとのミーティングを繰り返しながら設計を進めた。「新しく出来上がるまちとどのような関係を築きたいか?」「どのような施設を子供たちに受け継ぎたいか?」など、つくるための材料や手段などではない、建築の在り方についてなどの根源的な問いかけについて、時間をかけて丁寧な議論を重ねた。その結果、「新しいまち並みに対して公民館のように開かれた状態とすること、木の特性を生かした礼拝堂とすること」というコンセプトを、クライアントや信者と共に導き出すことができた。

 この教会は木造3階建ての建築である。ファサードは、エンボス加工が施されたポリカーボート板をコ型に曲げ加工したものを木造のフレームに固定したカーテンウォールとなっていて、そのカーテンウォールの裏側で、木の構造体が大きな開口部を十字形に支持している。1階奥北側に配置された幅7.0M×奥行10.0M×高さ4.5Mの礼拝堂は、圧縮力に対してねばり強い木材の特性を生かしマンサード型の木造トラス構造とした。Y字にかけられた木の斜材の材軸方向には、圧縮力のみがかかるようになっている。外にも中にも、十字架以外の装飾的要素は何も無いが、彼らのまちに対する姿勢や建物への配慮が、そのまま意匠となって存在するような状態を設計したいと考えた。

物件詳細

  • タイトル / 今宿の礼拝堂
  • 計画地 /

    福岡市西区今宿

  • 用途 / 礼拝堂(教会)+住宅
  • 状態 / 竣工
  • 計画種別 / 新築
  • 構造 / 木造
  • 規模 / 地上3階
  • 敷地面積 / 264.00m2
  • 建築面積 / 124.25m2
  • 法定延床面積 / 268.14m2
  • 計画着手 / 2008年5月
  • 工事竣工 / 2009年9月
  • 発注者 /

    福岡福音自由教会

  • 設計 /

    リズムデザイン

  • 担当者 /

    井手・福冨・土井

  • 構造設計 /

    黒岩構造設計事ム所

  • 株式会社 高原電設 /

    電気設備設計

  • 機械設備設計 /

    進興設備工業

  • 照明計画 /

    株式会社 ウシオスペックス福岡

  • 施工会社 /

    株式会社 井口工務店

  • 写真撮影 /

    鳥村 鋼一

  • Project Details /

                 
    Title: Church in Imajuku
    Location: Imajuku, Nishi ward, Fukuoka, Fukuoka pref., JAPAN
    Type of Project: Church+ House
    Status: completed
    Structure: Wooden Structure
    Site area: 264.00m2
    Building area: 124.25 m2
    Gross internal floor area: 268.14 m2
    Commissioned: May 2008
    Completed: September 2009
    Client: Fukuoka Evangelical Free Chrch
    Budget: Confidential

  • CREDIT /

                    
    Architects: rhythmdesign
    Project Architect: Kenichiro Ide
    Design Team: Kenichiro Ide, Fukutomi[ex-staff], Doi[ex-staff]
    Lighting consultant: USHIO SPAX FUKUOKA
    Structural Engineers: Kuroiwa Structural Engineers
    Electrical Facilities Planning: Takahara Densetsu corporation
    Machine Facilities Planning: Shinko Setsubi Kogyo corporation
    Photographer: Koichi Torimura
    Main contractor: Iguchi Construction Company

Uses: