Works

  1. Top
  2. Works
  3. 飯塚の住宅
  • Previous
  • Next

House in Iizuka

飯塚の住宅

「リビング不要、家族の中心を食卓にしたい」というクライアントの要望と、敷地の形状を活かしながら、周囲の街並みに沿う形に設計することを軸に計画した木造2階建ての住宅。建築全体の形状ありきでダイニングや居室の位置を決めるのではなく、それぞれにふさわしい開口部の方向を考えて配置した居室を棟のように建て、その隙間にできた空間をダイニングにするという手法で、変形八角形の住空間を設計した。不規則な形でありながら、吹き抜けの食卓を中心にした一体感のある空間が、互いの気配で家族を繋ぐおおらかな装置になっている。

Text

福岡市中心市街地より車で1時間ほどの住宅地。土地探しから一緒にはじめたクライアントが見つけてき敷地は、幅3.0M×長さ30.0Mの引込み道路の先に100坪程の三角形の土地が接続した、矢印のような場所だった。初めてその敷地に訪れたとき、この変わった形状の土地に大勢の人がいることがとても珍しかったのか、近隣に住む方々がたくさん出てきて、この地域には悪い人がいないこと、ごく稀に訪れる豪雨によって前面道路が冠水することがあること、そのため、この辺りの住宅は前面道路よりも60cmほど上がった土地に建築されていることなど、この地域の人間関係から建築の作法まで、たくさんのことを教えてくれた。
  
「リビングは必要ない」というクライアントの家族にとって、「食卓が家族の中心」であり、また、「それぞれの気配を感じながらバラバラに時間を過ごすことが日常」であった。家族がそれぞれの「居場所」で活動しながらも、いつでも互いの気配を感じることができるよう、様々な居室がダイニングを囲むような計画を考えた。

通常はまず建築全体の形状を決定し、その中でダイニングや居室の位置を決めていくが、この住宅では、敷地の形状と周囲の街並みとの関係性を考え、はじめに開口部の方向を考えて配置した居室をそれぞれ棟のように建て、その隙間にできた空間をダイニングにするという手法を採用。この敷地が面する近隣に等しく向かい合い、住宅の全ての居室からダイニングを望むことができる状態で完成させた。

物件詳細

  • タイトル / 飯塚の住宅
  • 計画地 /

    福岡県飯塚市楽市

  • 用途 / 専用住宅
  • 状態 / 竣工
  • 計画種別 / 新築
  • 構造 / 木造2階建
  • 規模 / 地上2階
  • 敷地面積 / 395.93m2
  • 建築面積 / 68.68m2
  • 法定延床面積 / 104.87m2
  • 計画着手 / 2009年12月
  • 工事竣工 / 2011年11月
  • 発注者 /

    個人

  • 設計 /

    リズムデザイン

  • 担当者 /

    井手・島田

  • 構造設計 /

    黒岩構造設計事ム所

  • 家具 /

    E&Y CO.,LTD.

  • サポート /

    フォルツァ株式会社

  • 写真撮影 /

    鳥村 鋼一

  • Project Details /

    Title: house in IIZUKA
    Location: Rakuichi, IIzuka city, Fukuoka pref., JAPAN
    Type of Project: Single Family House
    Status: completed
    Structure: wood
    Site area: 395.93m2
    Building area: 68.68m2
    Gross internal floor area:104.87m2
    Commissioned: June 2010
    Completed: November 2011
    Client: Private
    Budget: Confidential

  • CREDIT /

    Architects: rhythmdesign
    Project Architect: Kenichiro Ide
    Design Team: Kenichiro Ide, Mariko Shimada
    Structural Engineers: Kuroiwa Structural Engineers
    Funiture: E&Y CO.,LTD.
    Support: FORZA
    Photographer: Koichi Torimura
    Main contractor: Ikohouse corporation

Uses:

PROCESS